【野球ルール】初心者のための「打撃」の基本ルールを簡単解説

野球において攻撃の仕方は打撃(バッティング)です。

野球はどれだけ守れても点数を取らなければ勝てませんよね?

なので、基本は「打って」「送って」「走って」得点していきます。

またバッティングは「打つだけ」と簡単ですが、「打つだけ」の中にもいくつもルールがあります。

今回は打撃のルールについて超〜簡単に徹底解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

打撃のルール

走行方向

野球の基本中の基本ですが、バッターが打球をフェアグラウンドに打った時の走行方向は1塁側へと走ります。(1塁側は本塁から見て右側)

野球は反時計回りで進塁していき本塁を目指します。

ゴロ・フライ・ライナーとは?

打球にはゴロとフライとライナーというものがあります。

  • ゴロ・・・打球が地面に触れたもの
  • フライ・・・打球が地面に触れずに高く打ち上げたもの
  • ライナー・・・打球が地面に触れず鋭く飛んだもの

この3種類があります。

ゴロは打球が地面に触れているため、守備側は打球を捕球後にそれぞれの場面によるベースへ送球する必要があります。

ランナーがいない場合ゴロを捕球後1塁(ファースト)への送球が必要となります。

そこで、打ったバッターより先に1塁へ送球出来ればアウトとなります。

(この時一塁手は1塁ベースを踏んでいるかランナーにボールをタッチすることが条件である)

フライは打球が地面に触れていないため、守備陣は送球の必要はありません。

これはライナーも同様に送球の必要はありません。

ですが、ランナーがいた場合はそのランナーが帰塁しなくてはいけないところへ帰塁していない場合のみ送球する必要が出てきます。

(ランナーが1塁の場合フライ/ライナー捕球時1塁ランナーが一塁への帰塁をしていない場合一塁へ送球しランナーより早く一塁へ送球出来た場合アウトとなる)

フライとライナーの違いは、「打球が鋭く飛んだ」それとも「高く打ち上げた」のかで決まります。

バッターボックス

バッターがボールを打つ場所です。

本塁の両側に長方形の白線で示されているボックスのことを指します。

バッターボックスの幅:121.92cm

バッターボックスの長さ:182.88cm

どちらもラインの幅(7.62cm)を含めたサイズです。

寸法が中途半端な理由は野球発祥の地、アメリカのフィートやインチで決められているため、このような中途半端な寸法になっています。

塁間(1塁と2塁の間の長さ)やマウンド(投手が投げる場所)から本塁までの距離も中途半端な寸法になっています。

バッターボックスはこの枠内であればどこに立って打っても構いません。

ただし打撃中に枠から足がはみ出した状態でボールがバットに当たると反則打球としてアウトとなります。

これはファール/フェア関係なくアウト判定になりますし両足ならともかく片足でも反則打球の扱いとなるので注意しましょう。

ネクストバッターサークル

これは打席に入っているバッターの次のバッターが準備をする円の囲みの事を言います。

プロ野球でよく見かけるのは、重りをつけての素振りだとか滑り止めのスプレーをグリップに噴いているところを見たことありますよね?

エンカズ

その円の囲みが「ネクストバッターサークル」言葉通りですね

次のバッターは必ずサークルで待機しなければいけません。

三振

三振にも「見逃し三振」と「空振り三振」があります。

これは言葉通り見逃して三振になったのか空振りをして三振になったのかということです。

ですが、三振には振り逃げというルールがあります。

振り逃げとは捕手が第3ストライクが宣告された投球を正規に捕球できなかった場合に、三振で直ちにアウトになることを免れたバッターが1塁への進塁を試みるプレイを指します。

振り逃げOK

・2死(ツーアウト)の場合は1塁にランナーがいても適用される

・1塁にランナーがいない場合(ランナーが2・3塁等)適用される

振り逃げNG

・ノーアウトまたはワンアウトでランナーが1塁にいる場合

(適用外となる場合はバッターは三振となる)

ランナーやアウトカウントの状況で振り逃げの有無が変わってくるため注意が必要になってきます。

四球と死球の違い

四球と死球どちらも読み方は『しきゅう』といいます。

この違いは一体何なのか?

四球(フォアボール)・・・B(ボール)が4つになったとき

死球(ヒットバイピッチ)・・投手が投げたボールがバッターの体にあたること

代打

代打とは打順が回ってきたバッターに代わって打席に入り打撃を行う選手のことです。

ピンチヒッターというような呼び方もあります。

代打で出場する選手には準備がとても大切になってきます。

ここぞ!という時に頼りになる代打の存在が「代打の切り札」なんて呼ばれる事があります。

一流の選手で3打席中1本10打席中3本打てば一流ですから、代打はその試合1打席で結果を残さなければいけません。

代打で結果を残すのは至難の業です。。

打撃の種類

打撃(バッティング)はなんと言ってもヒットを打つことですよね?

そんなヒットにもいくつか種類があるの紹介します。

シングルヒット(一塁打)・・1塁に進塁出来た場合(ただし四球や死球ではヒットとはならない)

ツーベースヒット(二塁打)・・一気に2塁まで進塁出来た場合

エンタイトルツーベース(二塁打)・・ワンバウンドしたフェアボールがフェンスを越えた場合に用いられるケースが多いですが同じだが日本の野球では「何らかの理由でフェアボールがプレイ不可能な場所に行った場合にバッターを含む各ランナーに2つ分のベースの進塁をする権利を与える」というもの。

スリーベースヒット(三塁打)・・一気に3塁まで進塁出来た場合

ホームラン(本塁打)・・一気に本塁まで進塁出来た場合(1人で1得点)

タイムリー○○ヒット・・シングルヒットの場合はタイムリーヒットと言いますが、その他のヒットではタイムリー○○ヒットと言います。ヒットで得点が入った場合に使います。

サイクルヒット・・1試合の中で「シングル・ツーベース・スリーベース・ホームラン」全て打った場合にサイクルヒット達成!というような使い方をします。

打つ順番はバラバラでも1試合の中で全てを打つことが出来ればサイクルヒットとなります。

ヒットエンドラン(エンドラン)

ヒットエンドラン(略してエンドラン)とは投球と同時にランナーが次の塁へスタートし、バッターはその投球を(ボール球も全て)打つことにより通常より早く進塁を狙う作戦のことを指します。

メリット・・ヒットを打つことができた場合は通常より一つ先までランナーが進塁できる可能性が高くなります。

一般的にはランナーが1塁でエンドランを実行しバッターがヒットを放ち1塁ランナーがそのまま3塁まで進塁をし1塁・3塁という形になる場合。

1つのヒットでチャンスが大幅にアップする作戦です。

また、内野ゴロでの併殺(ゲッツー/ダブルプレイ)の可能性を極端に下げることもできます。

デメリット・・打者が空振りをした場合はランナーは投球と同時に走り出しているため盗塁という形になるためアウトになる可能性がある。(エンドラン実行時のランナーはバッターの打球を確認しながら走るため通常の盗塁と多少異なります)

打者がライナーを打った場合の併殺の可能性が大幅にアップする。(走り出しているため帰塁できない)

エンドランには試合を左右するメリットデメリットがあります。

流れを変えるはずが逆に流れが悪くなる時もありますので十分注意しましょう。

犠牲フライ(タッチアップ)

犠牲フライとはノーアウトまたは1アウトで走者がいる際に、バッターが外野に飛球またはライナーを打ちます。

外野手もしくは外野まで回り込んだ内野手がこれを捕球後、3塁ランナーが本塁に達した場合のことをいいます。

得点のつかない外野フライ等は犠牲フライとは呼びません。

外野に飛んだファールフライでも本塁に生還した場合は犠牲フライとなります。

犠打(送りバント・スクイズ・セーフティ)

犠打(犠牲打)とはバッターがアウト(犠牲)となって塁上にいるランナーを進塁させる打撃のことを指します。

野球に絶対欠かせないのがバントです。

送りバント・・犠打の基本はこの送りバントです。

ノーアウトまたは1アウトの状況で内野にボールを転がして、塁上のランナーを進塁させるために犠牲になる打撃です。

スクイズ・・ノーアウトまたは1アウトで3塁にランナーがいる時に攻撃側が仕掛ける作戦の一つです。

3塁ランナーは投球動作と同時に本塁に走り、バッターは打撃姿勢から一転してどんなボールでもバントをし、

守備側の打球処理の間に3塁ランナーが生還することを目的とする作戦です。

成功すれば得点となりますが、失敗した場合は3塁ランナーがアウトになる可能性が高く、大きなリスクを伴うプレイでもあります。

セーフティバント・・セーフティバントとは犠打とは正反対の考え方のバントです。

犠打は自身を犠牲にする打撃ですが、セーフティバントは自身が1塁に生きる事を目的としたバントです。

セーフティは塁上にランナーがいても、いなくても関係なくすることができます。

アウトにならなかった場合は記録としては内野安打(安打)と記録されます。

打率の求め方

打率とは【 安打 ÷ 打数】のことを指します。

10打席中3本打てば【3÷10=0.3333・・・】3割3分3厘となります。(小数第4位を四捨五入)

打数に入らないもの・・四球・死球・犠飛(犠牲フライ)・犠打(送りバント/スクイズ)

この4つについては打席数には入るが打数にはカウントされませんので打率が上下することはありません。

犠飛(犠牲フライ)については得点が入った時のみ打数には入らない。

犠打については走者が進塁成功した時のみ打数には入らない。

どちらも成功(得点)しない場合はそのまま打数に入ります。

まとめ

今回は打撃のルールについてご説明してきました。

投手が投げた球を打つだけですが、細かなルールや戦術もたくさんあります。

あらゆる戦術を使って、点数に繋げて勝利を目指していきます。

一球で点数にならなかったり、大量得点に繋がったりすることが打撃の面白さ、野球の醍醐味です。

ルールブックとかは難しく書いているので噛み砕いていくとそこまで難しくはないと思います。

一緒に勉強していきましょう。

では、また!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる