【野球の打順は関係ない!? 】打順の役割決定版

野球には1番バッターから9番バッターまでの打つ順番が決まっており、その打順の決め方だったり特性もあります。

「1番」とか「4番」だとか「9番」とか少年野球では打順は正直、関係ないです。

なぜなら、バッティング7割は失敗だから。

4番はよく主砲なんていわれますが、打てなくても周りが打ってくれたら点数は入りますよね?

1〜9番の打者が自分の役割をしっかりこなすことができれば得点の可能性は大きくあがります。

「上位打線」「クリーンナップ」「下位打線」どこからでも得点できるチームは役割を理解して打席に立っています。

野球は自らのチームが1点を取り、相手チームを0点で抑えれば(相手よりも点数が上なら)勝利というスポーツです。

点数を取らなければ話になりません。

そこで重要となってくるのがこの【打順の役割】ということになってきます。

今回は野球の戦略的にも大事になってくる打順についてご説明していきたいと思います。

打撃の基本ルールを詳しく知りたい方はこちら

スポンサーリンク
目次

打順の役割

打順を決める際に1番バッターから9番バッターまでその打順によって特性が色々とあります。

ランナーがいる、いない状況で打席でやることの役割が変わってきます。

それでは見ていきましょう 。

1番バッター

まずはそのチームの誰よりも先に打席に入ることになり、相手ピッチャーの「スピード」や「球筋」をチームメイトに教える役割があります。

1番の特性は「ミート力」「走力」がある選手が1番バッターになりやすいです。

ミート力というのはバットにボールを当てるのが上手いということです。

極論チーム内で一番ヒットを打つことができる選手が1番バッターに向いている!といえます。

またチーム内で同じくらいヒットを打てる選手が複数いる場合は、選球眼(ボール球をボールと判断できる)に優れている選手や足の速い選手も1番バッターに向いています。

ヒット1本と四球(フォアボール)は記録(打率)的には変わってきますが、出塁率(どれだけ塁に出たか)なら同じことなのです。

やはり足の速さもとても重要になってきます。

足の遅い選手だと出塁したが自分ではどうしようもできない(アクションが取れない)ということになりますので、

出塁したら盗塁もでき、次の打者のワンヒット(1つのヒット)でチャンスを作ることができます。

なので複数いる場合は、選球眼(出塁率)に優れている選手・足の速い選手をより1番バッターにした方が、

出塁する可能性が上がり得点のチャンスも広がります。

2番バッター

足が速く・バント等ができる巧みなセンスの持ち主!と勘違いされやすい・・・

確かに間違いではありませんが、2番バッターはバント意外にしっかりとした選球眼を持っていて、尚且つヒット(出塁率が高い)が打てる選手が定着するべきなのです。

1番がアウトになったときに、1番の役割もできる必要があります。

なので強いチームになると2番バッターの選手レベルが高いです。

選手レベルが高いので自然とバントが上手かったり、右左の打ち分けが得意だったりします。

決してバント職人が2番!というわけではないと思います。

なので1番バッターと2番バッターはどちらがどちらでもいいような選手が好ましいのです。

3番バッター

3番バッターから5番バッターが一般的に「クリーンナップ」となっています。

出塁しているランナーを綺麗に一掃するという意味でclean upからクリーンナップという言葉が使われています。

その大仕事の第1陣であるのがこの3番バッターとなります!

3番バッターは「出塁率あり長打力あり足も速い!」というゴールデン選手の役目になります。

そのチームの柱となる存在です。

そのチームで一番打撃センスの優れている選手が3番バッターで確立されているチームはとても強いチームと言えるでしょう。

4番バッター

チーム一の長打力を誇る主砲選手の役目になります。

ですが、4番バッターには長打力以外にもかなりの必須項目があります。

まずはやはり「チームの顔」です。

エース(1番手投手)と同様に打たれればチーム全体の士気が下がり、4番が打てば士気があがる!といった最も重要な打順です。

また4番バッターということでかなりのプレッシャーがかかります!

チームを背負っているという気持ちや打たなければならないという気持ちから本当にメンタルが強くなければ務まりません。

長打力があるから4番!これは全く違います。

イチかバチかの長打力バッターは何も怖くありません!

3番バッターとの勝負の時に、4番バッターがイチかバチかのバッターなら3番バッターとの勝負は避けて4番バッターと勝負した方が抑えれる可能性が高いからです。

ここで、4番バッターがしっかりしているチームであれば4番バッターからの圧に相手チームが押され、チーム1の打撃センスのある3番バッターと勝負するしかなくなるのです。

これもまた4番バッターの役割ですね。

5番バッター

第二の4番!と言われるほどの打順です。

打撃(打率)はどれだけ良くても3割くらいです。

10打席あって3本くらいヒットが打てる計算ですからどれだけ優れている3番4番バッターがいたとしても必ず打てない時があります。

なのでその最後の砦として残っているのがこの5番バッターです。

長打力も4番バッターに負けじとあり、3番バッターに匹敵するほどの打撃センスの持ち主が5番バッターの役割です。

また3番4番が打てないなら俺が打ってやる!といった男気がある選手がいいですね!笑

6番バッター

上位打線と下位打線を繋ぐ役割です。

一般的には長打力はクリーンナップより少し落ちていてヒットの確率も少し低い選手が6番バッターになることが多いです。

ですが、4番バッターの次にチャンスが多く回ってくるのがこの6番バッターなのです。

そんなチャンスの時に上位打線のどのバッターよりも打てない選手を選びますか?

答えはノーです!

今では不動の6番と言われるほど、第2の4番バッターがその打順になることが多くなってきています。

7番バッター

下位打線の中軸になる7番バッターは、第2の2番バッターと言われています。

長打力はあまり重視されませんが、やはり2番バッター同様に打撃センスが必要になってきます。

足が速く・バントや左右の打ち分けが上手い選手が起用されやすくなっています。

8番バッター

あまり打てないが小ワザが得意!

そんな選手が起用されるケースや、打撃は得意ではないが、守備には自信と定評がある。

あまりヒットなどは打てないが守備はどの選手よりも上手い!

打撃の事はあまり考えず、守備の事を重要視して欲しい選手が8番バッターになることが多いです。

プロ野球では捕手の選手が8番バッターになることが多いですね!

打撃より守備を重視して欲しいという考えですかね?

逆にいえば思い切り打っていいということにもなりますね。

9番バッター

一番打撃が得意ではない選手が9番バッター!と勘違いしている人がたくさんいます。

プロ野球の世界では9番ピッチャー(セントラルリーグ)が定番ですが、少年野球や中学、高校、社会人はそうではありません。

影の1番バッターと言われるのが9番バッターです。

足が速く・ヒットも打てたりどんな形でも出塁できる選手が好ましいです。

出塁すればそこから上位打線の始まりと考えて打順を組むチームがほとんどではないかとおもいます。

上位打線・クリーンナップ・下位打線とは

打順には大きく分けて3つグループあります。

上位打線

1番バッターから3番バッターのことを上位打線といいます。

得点の鍵となるのが上位打線!どれだけ出塁できるか・どれだけチャンスを作ることができるか!

上位打線が出塁すればするほど、得点の可能性が増えていくということになります。

クリーンナップ

3番バッターから5番バッターのことをクリーンナップといいます。

上位打線が出塁してそれを一掃する!

その役目がこのクリーンナップです。

下位打線

7番バッターから9番バッターのことを下位打線といいます。

そこまでの得点には期待が持てませんが、守備の上手い選手や小ワザが得意な選手多いです。

まとめ

今回ご紹介した打順の決め方や特性はそのチームの状況にもよってきますが、全選手が調子が良くてヒットが打てる!なんてことはほぼないと思います。

日々の練習等で調子の良さそうな選手にはどんどん上位打線やクリーンナップを任せて、得点の可能性をどんどんあげてください。

理想は一番得点が入りやすく打線が繋がる打順を組むことが最適だと思います!

ですが、なかなかうまくいかないのが野球です。

まずは選手一人ひとりが打順の役割を理解して打席に立つことが得点につながる可能性はあがるではと考えます。

打順の考え方は十人十色なので皆が皆一緒の考え方にはならないとは思いますが・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる