【野球ルール】初心者のために守備の基本ルールを簡単解説

守備にはさまざまな、複雑なルールがあります。

結論は、相手に点数を取られないように、3つのアウトを取るため「守る」ということです。

子どもの野球やプロ野球のプレーを見ていると「ん?なんで今そうなったの?」「ん?なんで?」ということありますよね?

今回は野球の守備ルールについて超〜簡単に徹底解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

守備のルールと種類

守備とは点数をとられないために、相手バッターの打球をとって1塁ベースなどに送球し3つのアウトを必死にとりにいく。

守備の中にはさまざまな種類やルールがあるので、見ていきましょう。

アウトとは

アウト(OUT)とはバッターやランナーが野球の規則により、プレイから除かれることを指します。

アウトになる条件
  • 飛球(フライ/ライナー)を野手が正規に(一度も地面に触れない)で捕球された場合
  • 3つ目のストライクを宣告された投球を捕手が正規に捕球した場合(捕逸した時など振り逃げできる)
  • 2ストライク後の投球をバントしてファールボールになった場合(スリーバント失敗による三振)
  • インフィールドフライが宣告された場合
  • 野手(投手を含む)に一度も触れていないフェアボールがバッター・ランナーに触れた場合
  • バッターが打つか、バントしたフェアの打球にフェア地域内でバットに再び当たった場合(2度打ち)
  • フェアボールを打った後、1塁に到達前に体にタッチまたは相手選手がボールを持った状態で1塁ベースを踏まれた場合

と色々なルールが存在します。

たとえば

ランナーがいない場合は内野への打球がフェアボールなら1塁へ送球でアウト。

相手バッターが1塁ベース到達前に、ボールを持った状態でバッターの体にタッチまたはベースを踏むことが条件

より相手ランナーの進塁を妨げることができるかが、アウトを取るということになります。

チェンジとは

チェンジとはアウトを3つ取ることで攻撃側と守備側が交代することです。

このチェンジを9回まで繰り返し勝敗を決めていきます。(少年野球・中学野球は7回)

ダブルプレーとは

ダブルプレーとは守備側の選手が連続した動作でバッターと一人のランナーをアウトにすることを指します。

よくゲッツーや併殺なんて呼ばれ方をします。

どのような状況でも定義に沿っていればダブルプレーと呼びます。

たとえば

1アウトでランナーが1塁の時、ショートゴロを打ったとします。

ランナーが2塁到達前に、ショートが2塁を踏むか送球して1アウト。

相手バッターが1塁到達前に1塁へ送球が間にあえば1アウト。

1つ度のプレーで2つのアウトを取ったことになります。

インフィールドフライとは

インフィールドフライとはノーアウトまたは1アウトランナーが1・2塁または満塁の時、バッターがフェアの飛球(ライナー及びバントによる飛球を除く)を打ち上げた際に内野手が普通の守備行為を行えば捕球できる場合のことを指します。

エンカズ

簡単にいうと、わざと落球してダブルプレーにするのはダメですよ!ってことです。

ランナーが1塁の時や1・3塁の場合はインフィールドフライとはなりません。

インフィールドフライはインフィールドと判断された時点でバッターがアウトとなりますので内野手が落球した場合に進塁する必要はありません。

エンカズ

プレーは継続しているので進塁することもできます。

タッチプレーとは

タッチプレーとはボールを持った野手がランナーをアウトにするためにそのランナーにタッチすることを指します。

タッチプレイには必要になる状況とそうでない場合があります。

タッチプレイが必要かどうかは1塁にランナーがいるか、いないかで決まります。

1塁にランナーがいる場合やランナーがいない場合はタッチは必要になりません。(タッチプレイでもアウトにはなります)

1塁ランナーがいない場合(ランナーが2塁や2・3塁)はタッチが必要になってきます。

たとえば

2塁ランナーが3塁に進塁するときや、

3塁ランナーが本塁へ進塁するときにタッチプレイが必要

また、1塁ランナーの盗塁や投手からの牽制もタッチが必要

エンカズ

ボールを持っている方の手、またはグローブでタッチしないとアウトになりません。
タッチしたときにボールを落とした場合アウトになりません。

前進守備とは

前進守備とは3塁にランナーがいて、相手チームに得点を許したくない場合に通常の守備位置から前進して守り、本塁でランナーをアウトにするための戦術のことを指します。

エンカズ

前に守ることにより、本塁までの距離を短くすることで
アウトにする確率を上げることができる。

エラーとは

エラーとは簡単に言うと野手のミスです。

エラーには2つの言い方がありフィルダースチョイスというものがあります。

同じエラーなのですが、技術的なものなのか、考え的なものなのかによって言い方が変わります。

  • エラー → 野手の技術ミス
  • フィルダースチョイス → 野手の判断ミス

失策とも呼ばれますが、アウトに出来る状況をアウトに出来なかった場合にエラーとなります。

エラーの例をあげると

たとえば
  • 正面のゴロをトンネル(野手の股の下を通る)した場合
  • 飛球を落とした場合
  • 悪送球(送球が悪くアウトにできない)など

判断ミスの例をあげると

たとえば

ランナーが1塁でバッターがバントをしたとします。

野手は2塁への進塁を阻止したいけど、タイミング的に間に合わない状況。

それでも野手は2塁へ送球をしたがアウトにできない。

さらにバントをしたバッターもアウトにできず、1・2塁の状況を作ってしまった。

この場合にフィルダースチョイスということになります。

ファインプレーとは

ファインプレーとは選手の美技のことを指します。

簡単にいうと、いいプレイをしたということですね 。

たとえば
  • 捕るのが難しい飛球をダイビングキャッチする
  • ヒットになりそうな打球をキャッチして打者をアウトにする
  • 進塁しようとしているランナーを外野などから送球してタッチアウトにする
エンカズ

ファインプレーひとつで試合の展開が変わることも、、、

まとめ

いかがでしたでしょうか?

守備のルールについてはかなりの知識人になったのではないでしょうか?

今回は守備のルールを見てきましたが、アウトを取る為に野手の9人が一生懸命、一つのボールに集中しているのがわかると思います。

それこそが野球を魅力的に見せ、また醍醐味ともいえます。

また、打撃も一緒で選手9人で1点を取る為に一生懸命頑張っています。

野球を魅力的に見せる理由は他にもあって一見、攻撃/守備の9人ずつで試合をしていますが実は違います。

応援をしてくれる方や保護者、指導者を含めたベンチのメンバーみんなで1点を取り、1点を守るということが野球の本当の醍醐味だと私は思います。

これからも一緒に勉強していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、またっ!!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる