【少年野球保護者向け】必要最低限の野球道具を準備しよう!

お子さんが少年野球を始めようとしているお父さん、お母さん!

始めるにあたって必要となってくるものがイマイチわからない・・・

「なにを選べばいいのか?」「どのようなものが必要なのか?」

野球経験のない方なら迷って、わからなくて当然です。

そんな人の為に今回はまず何を準備して、後々何が必要となってくるのかを紹介していきたいと思います。

この記事を読むことで最低限必要な道具を準備することができます。

スポンサーリンク
目次

始めるにあたって必要となる道具(入部編)

入部編とありますが、簡単にいうと「野球を始めますよ!」「始めるには何が必要なの?」

そんな入門編みたいなところです。

〜はじめに準備しておくリスト〜
  1. 練習用ユニホーム上下(2000〜5000円)
  2. 試合用ユニホーム上下(5000〜15000円)
  3. 帽子(2000円〜3000円)
  4. アンダーシャツ(一枚目に着るシャツ(1500〜3000円)
  5. ソックス(3足セット1000〜1500円)
  6. ストッキング(800円くらい)
  7. ベルト(1000〜2000円)
  8. スパイク(5000〜6000円)
  9. グローブ(10000〜20000円)
  10. バット(10000〜40000円)
  11. スポーツバック(4000〜6000円)
  12. ウィンドブレーカー(5000〜10000円)
  13. その他(アップシューズ・バッティンググローブ、手入れ用品など)

アンダーシャツ・ソックス・ストッキング・ベルトはチームで「統一のカラー」でなければダメなので確認が必要。

※試合着は必ずチームで統一。練習着はチームによって異なります。

結構ありますよね?

全部揃えると、だいたい6万〜12万くらいかかってしまいます。

最初は安いモノにしたり、お下がりをいただけるのならありがたく甘えましょう!

1~13項目程ありますが、詳しく説明していきたいと思います。

ユニホーム上下

ユニホーム上下は必要です。

ですが、所属するチームによっては、どこどこのスポーツ店(チーム御用達)で購入してください!という場合もあります。

逆にそういう指定があるスポーツ店の方が「どこのチームに所属します!」というと、そのチームで使っているユニホームを購入することが安易に出来ます。

チームによってはユニホームを統一しているところと試合着は当然統一だけど、練習着については自由でいいよ!というところもありますので、まずは入部時に確認しておく必要があります。

私が教えていたのチームは家庭の負担を減らすため、試合着の費用はチームで払い、練習着は各家庭で用意してもらっていました。

エンカズ

私が教えていたのチームは家庭の負担を減らすため、試合着の費用はチームで払い、練習着は各家庭で用意してもらっていました。

帽子・ソックス・ストッキング・アンダーシャツ・ベルト

この5つもユニホームと同様に、チームカラーが決まっていると指定のスポーツ店で購入することができます。

ですが、消耗品ですので同じカラーのものであれば指定のところではなくても、通販で購入したりすることも可能です。

絶対に指定の所で買わなければならないという訳ではありません。

試合着や帽子のようにデザインが固定されているものに関しては、指定の店で購入しなくてはいけません。

その他のものについては通販や大型スポーツ店であればどんな色でも購入することができます。

エンカズ

至急必要な場合でない限り、通販の方が安くてオススメです!

グローブ

グローブは野球を始めるにあたっては必須です。

グローブには種類がいくつかあって、

内野手用グラブ

外野手用グラブ

投手用グラブ

捕手用グラブ

一塁手グラブ

投手用グラブ

オールラウンドグラブ

色々な種類のグローブがありますが、始める際には色々考えずオールラウンドグラブで十分だと思います。

オールラウンドグラブは名前のとおり、どこのポジションを守ってもいいように内野手用グラブより少し大きく、外野手用グラブより少し小さいグローブになっています。

始めはどこを守るかもわかりませんからどこでも守れるグローブを選ぶほうがいいでしょう。

スパイク

スパイクもまたグローブ同様必須項目です。

スパイクにもいくつか種類があり、

底の部分がゴム製で出来ているものと金属製で出来ているものがあります。

少年野球ではゴム製のもの、中学野球や高校野球・社会人野球になると金属製のものに変わっていきます。

また、底の形なんかも若干種類があるのですが、そこまで気にしなくてもいいのかな?と思います。

スパイクはグローブと違って白か黒をチームで色合わせていることが多いので、これもまた入部時に確認して購入することをオススメします。

バット

バットは必要な道具ですがチームによってはすでに何本も保有している場合があります。

また仲のいいチームメイトから貸してもらうこともできるので、最初はそこまで必須項目ではないのかなと思います。

まずは野球に慣れて、そこで自分に合ったバットと出会えれば購入する形でもいいのかなと思います。

ですが、「どうしても家に帰って素振りをしたい!」「絶対自分のバットじゃなきゃ嫌だ!」という人は是非購入してください。

また、バットにも色々な種類が存在します。

トップバランス

ミドルバランス

カウンターバランス

バットの長さ・重さ

グリップの形

素材

色々な種類がありますが、まずは、子どもが振ってみてしっくりくるものを選ぶのがオススメです。

エンカズ

今はミズノのビヨンドというバットが主流です。

スポーツバック

スポーツバックも必要だと思います。

野球は道具一つ一つが大きいので小さいバックだとすぐ入らなくなります。

なので野球の為に作られているバックを買うのがオススメです!

バックも種類がたくさんありますが、最近だとリュック系のバックが人気になっています。

人気になっているバックにも人気になる理由があります。

簡単に説明すると、従来の肩掛けよりはるかに負担が少ない。

選手のことを考えて作られているということですね。

エンカズ

バットも挿して持ち運べます。

ウィンドブレーカー

ウィンドブレーカーは雨の日や冬の時期に必須になってきます。

野球は寒くても走ったり、ノックを受けたりその他色々・・・寒いからといって休みになりません。

基本的にはチーム指定のものがありますので、指定の店での購入になります。

ざっとこんな感じで準備をしておけば、問題なく野球をスタートすることができます。

随時必要となってくる道具(その他)

野球を始めるにあたって必要になってくるものをざっと説明してきましたが、いざ始めてみると「あれもこれも買わないといけない・・・」なんて事もあります。

始めた当初は必要ではなかったのに、やっていくうちに必要となってくるものをいくつかご紹介したいと思います。

ボール

 軟式ボールでは「J号」「M号」と2種類あり、少年野球で使用するのは「J号」ボールとなります。

「M号」は中学〜大人用なので、間違って「M号」を購入しないように気をつけましょう。

スライディングパンツ

スライディング時に怪我をしないための厚めのパンツ。

練習着や試合着の下に履きます。

下着の「上から履くか」「直で履くか」迷いますよね?

正直、好みですね。

私は直で履くタイプです!

アップシューズ

スパイクとは違いランニングやトレーニングを行う際に適しているシューズです。

練習や試合の移動時やアップする時に履いていくものです。

バッティンググローブ

打撃時に着用する手袋です。

なくてもいいのですが、子どものモチベーションがあがったり、バットを振るときの「グッリプ力」があがります。

私はバッティンググローブは履いた方がいいとおもいます。

マスコットバット

通常バットより重いトレーニングバットです。

素振りなど自主練習のときに使います。

エンカズ

マスコットバットは試合では使えません

お手入れ用品

グローブやスパイクのお手入れには専用のオイル・グリスは必要です。

グローブやスパイクの汚れを取ったり、革の保湿などのためにグローブやスパイクの購入時と一緒にそろえましょう。

手入れをしっかりすることで上達にもつながります。

いくつかご紹介しましたが必ず買わなければならないものでもないですし、始めてすぐ必要になるものでもありません。

随時必要だな!と思った時に購入してください。

親にも事前準備が必要?

少年野球や中学・高校野球と子どもが野球を始める際には、子どもは一通り道具が揃ってスタートラインに立ちます。

野球を始めるには親の準備も本当に大事になってくるのです。

親の事前準備は道具ではなく心の準備が最重要

親には道具ではなく心の準備が必要となってきます。

その理由についてご紹介していきます。

休みが少ない・・とにかく休みが少ないのが野球です。

  長期連休に家族で遊びに行こう!はできません。(休みが多いチームもあります)

  野球を始めれば生活の主体が野球に変わります。

遠征が多い・・色々なチームとの試合で遠征が多くなります。

  その都度、送迎をしなくてはいけなくなる場合も。

部員が多い為、父兄の数も多い・・人間関係の構築がやや難しくなる。

道具の量が多い・・道具のご紹介をしてきましたが他のスポーツに比べると量が多い。

・道具の金額がピンキリ(相場が高い)・・道具の相場がそもそも高いので金額の負担があります。

  金額は高いが物持ちは良い。(グローブであれば何年も使用できます)

まとめ

野球を始めるにあたって事前準備品をご紹介してきましたが、準備する道具等は特に問題はないと思います。

やはり親の心の準備がやはり重要になってくるのかな?と思います。

「野球一家」とは本当に言葉通り生活の大部分が野球になりそうですね。

ですがそれもまたいいことではないでしょうか?

家族皆で熱くなれるものを共有していく!

とても素晴らしいことだと思います。

ぜひ、お子さんが野球を始める際は必要な道具の準備を忘れずにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる