「野球スパイク 手入れ」オキシクリーンを使ってみた結果

今回は野球の「スパイク」「アップシューズ」のちょっと変わった手入れ方法を紹介します。

結論は、「オキシクーリン」を使うとで頑固な汚れもとれて、いやなニオイも消えます!

みなさんは野球の「スパイク」「アップシューズ」をどのように手入れしていますか?

ブラシでこすって、クリーナーを使って汚れをとることが一般的ですよね。

僕も長い間、そうしてきました、、、

長い間、使っているとなかなか汚れも落ちにくく、匂いも気になります。

練習や試合後のたびに手入れをするのは正直めんどくさい、、、

そこで「オキシクーリン」を使ったらどうなるか検証してみました。

結果、「オキシクーリン」につけておくだけで、ニオイも汚れもきれいに落ちました。

ただ、つけておくだけなので簡単!

オフシーズンなど使わなくなる期間や時間があって、手入れしてみようかな?という方は試してみてください!

僕が実際に試した、手入れ方法を紹介します。

スポンサーリンク
目次

一般的なスパイク・アップシューズの手入れ方法

まずは一般的な手入れ方法から紹介します。

STEP
タオルなどで汚れをとる

タオルなどを使って泥汚れなどを軽くふき取ります。

STEP
ブラシや歯ブラシなどを使い細かい汚れをとる

つぎに、シューズ用のブラシを使い表面の細かい汚れなどをこすって落とします。

歯ブラシや金ブラシを使い、裏の金歯やポイントの部分の汚れを落とします。

STEP
クリーナーを使って表面の汚れを落とす

専用のクリーナーをスパイクにつけて汚れをタオルで拭きとります。

なかなか、汚れが落ちにくい時はブラシでこすって落とします。

エンカズ

僕はいつもこれを使っています。

\おすすめ万能クリーナー/

STEP
風通しのいいところに保管

汚れを落としたあとは風通しのいいところに保管します。

エンカズ

ただ保管するだけではなく、消臭剤や型くずれ防止のアイテムを使うといいとおもいます。

オキシクーリンを使った手入れ方法

オキシクリーンを使って汚いスパイクたちをきれいにしていきます。

準備するもの

準備するもの
  • オキシクリーン
  • 洗面台またはお湯をはれるもの
  • 40〜60℃のお湯をはる

「オキシクリーン」は生活のあらゆる場面で使えるので一つあると便利ですよ。

お湯は「給湯器で温度設定」するだけでOKです!

エンカズ

洗面台を使うことに抵抗がある人は、大きめのバケツなどを使います。

手順はかんたん3ステップ

STEP
お湯をはる

洗面台などに40℃以上〜60℃のお湯をはります。

給湯器の温度設定でMAXにしましょう。

エンカズ

やけどをしないように要注意!

STEP
オキシクリーンを投入

付属のスプーン一杯をお湯に投入します。

投入したあと軽くかき混ぜましょう。

STEP
スパイクを投入

いよいよスパイクたちをお湯のなかに投入します。

4〜6時間ほどつけおきするだけ。

エンカズ

僕は約5時間つけおきしました。

お湯にいれるとスパイクが浮いてしまうので、水をいれた2Lのペットボトルなどでおさえましょう。

エンカズ

つけおき後、ブラシなどでこするとよりキレイになりますよ。

つけおき後はしっかり水をきり、風通しのいいところで乾かしましょう。

オキシクリーンにつけおいた結果

使用前

汚かったスパイクたちが、、、

使用後

ここまでキレイになりました。

写真ではわかりにくいですが、ヒモやステッチの部分などもキレイになっています。

オキシクリーンにつけておくだけなので、かなりかんたんですが一般的な手入れ方法にくらべると時間はかかります。

正直、毎回毎回はできないですが年に1〜2回なら全然ありですね!

ニオイや汚れが気になる方やオフシーズンにおもいきり手入れしたい方におすすめです。

まとめ

今回は野球のスパイクを「オキシクリーン」を使って手入れしてみました。

結果、汚れもニオイもキレイになることがわかりました。

デメリットは「時間がかかる」これだけです!

年に1〜2回か、オフシーズンに手入れすることをおすすめします。

みなさんもスパイクの表面だけではなく、中もキレイにして気持ちよく最高のプレーをしましょう!

ぜひ、お試しあれ!

では、また!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる